6’2”のムイアルデンテとオイッチニーが発売です

2018.06.05 Tuesday

0

    メキシコから帰って来てまだ1週間程しか経ってないのに、何だかもう遥か昔のような感覚です…。

     

    向こうでは主にギルトップを結んでいた6ft 2inchヴァージョンのムイアルデンテ。基本スタンディングポジションからのキャストに
    なるエルサルトで岩盤ギリギリに狙えるアキュラシーが必要と言う事で6ft 6inchのムイアルデンテよりも602Mの短い方を選んだ訳です。(ちなみに普段僕が得意とする超ショートスタンスで気配を殺し狙ったスポットに確実にルアーを送り込むような釣りは、ここレイクエルサルトではまず無いと解っていたので5ft 8inchのE-modeは初めから持って行ってませんでした。)

     

    そうなんです、このムイアルデンテの602Mは立って釣りをす場合は狙った所にキチッと入れたいキャスト制度の高い釣りに向き、そしてジョンボートやカヤックのように座って釣りをする場合には、これからの琵琶湖でメインとなる沖ウィードでの釣りや比較的距離を取って釣りをしたいフィールド等に適しています。

     

    分かりやすく言うと現在のトップウォータープラッガー達の主流である6ft以下の超ショートロッドでフルキャストをした距離を602Mでは軽くキャストした感覚で使えるので、まず疲れにくいと言うのが第一に上がります。

    そして、それよも大事な事が琵琶湖を代表するウィードでの釣りで、ロッドを立てた時のティップの高さが重要になってくるからです。

    これに関してはテクニックや気合では、どうにもなりませんからね..(笑)

    ガバッ!と出たらウィードに潜られないようにロッドを立ててバスの顔を水面に向けるにはロッドの長さと強いバットパワーが必要なのです。トップの釣りもこれ1本で何でも、何処でも、という時代は終わりました。ルアーやフィールドに合ったタックルをセレクトするのも重要だと思います。


    そして、ニューヴァージョンのオイッチニーには、ロングキャストとショートバイトも弾かず食い込ませられるイメージで6ft 6inchのムイアルデンテにナイロンラインの組み合わせをチョイスしました。

     
    バルサとハードウッドのハイブリッド仕様で、よりお尻の振り幅を大きくする狙いでテールのフックとプロップを小さくしました。

    残念ながら今回のエルサルトではプロトで持ち込んだウォブリンジャックナイフが抜群にハマったので、オイッチニーの出番は殆ど無かったのですが、最終日に釣った画像の1本は自分の中で『オイッチニーも釣れる』と言う自信に繋がりました。

     
    そんなMuy Aldente 602M とオイッチニーの詳細をDEMASSEにUPしました。

     

    今回ムイアルデンテの生産本数が少ない為、ウェブdeショップでのご案内は全国のお取扱店さま分が全て確保出来ればとさせていただきます。宣伝ありがとござました。。

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする