4日連チャンの釣りを振り返ってみると…

2019.04.01 Monday

0

    さすがに昨日は大会で人も多くフィールドコンディションも最悪だったので、見事に

    ノーバイトで終わってしまいましたが、その他の3日間は1日1回(笑)

     

    初日と2日目に同船したレスイズモアのコウキちゃんも同じで、1日1回のチャンスを

    モノに出来るかが運命の分かれ道に..(笑)

     

    一昨日の伊庭内湖の練習では、風が少し治った瞬間に葦束の根元に落としたウォブリンジャック

    ナイフをチョンチョンとお辞儀をさせるとチュパッと浅いバイトで反転したのはゴールドに輝

    く40アップ。しかし重みを感じてすぐにフックアウト。ここで完全に気がつく。食いか浅く得

    意のブリブリアクションでは追い切れないんだと..。

     

    教訓!そこにいるであろうストラクチャーなどの際に落とした場合は少し誘いを入れてからブリ

    ブリ巻き始めるのがやっぱり基本だと当たり前の事に気付かされる。でも、初日に割と良い感じ

    で食わせた事もあってこのブリブリで食って来るヤツがいる筈と押し通したのがダメだったのか

    と振り返る。

     

    でもチョンチョン誘いを入れると食いが浅かったりもするので、ブリブリ巻いて無理やりリアクショ

    ンで食わせた方がキャッチ率は上がるだろと..。しかしブリブリ巻きでは食ってくるほど活性は高く

    ないし..。

     

    これがトップの限界なのか?と..。いやいやダーターやノーマルジャックナイフのように少しダイブし

    て誘えるルアーならガッツリ食って来たんじゃないか?と、考えられる答えは色々とある訳で...。

     

    こんな迷路にハマってしまうといつのまにかシーズンも終盤に差し掛かるほど頭の中では大迷路から

    抜け出せない日々を送ってしまっていたり..。
     
    今年は釣り欲を極力抑えてもう少しルアー開発の方に力を注ごうと思う今日この頃なのでございます(笑)

      

    (初日の朝の水温は9.5度。南湖に入りワンドのシャローでまずまずサイズの初バスゲット。水温は確か11.5度)

     

    (コウキちゃんも画像のルアーでバイトはあったんですが...。)

     

    (4日間メインに使ったルアー。ウォブリンジャックナイフ とスゥィークイック。伊庭内湖でのロッドは2本ともE-mode)

     

     

    (ちゃんこ北野で大会前の前夜祭。スタート前の田辺さんとサトシンさん)  

     

     

    (ハードベイトオンリーで参加者60名中釣ったのは7人。その中にきっちり入る田辺さんはやっぱ凄いなと。陸に上がってもまぁ寒い1日ででした。)

     

     

     

     

    コメント
    コメントする