明日のガイドプラで

2019.05.22 Wednesday

0

    今日は久し振りに琵琶湖調査で朝イチから湖上へ..。

    およそ3週間ぶりの琵琶湖は朝の水温も随分と上がり、枯れていた葦も青々として来ていましたが

    開始しばらくはバスの姿すら見る事も出来ず、ドピーカンの天気に苦戦..。

      
    ようやくバスの姿が見えたのは5カ所目くらいに訪れたワンドの葦際。
    見えない所からフワッと浮いて来てルアーの下に付くんだけどバイトまでには至らない。
    もう少しローライトだったら食って来そうな感じはしたけど、曇る気配は一向に無し(笑)
      
    その後も色々バスの反応を見ながらルアーチェンジを繰り返して気がつくとタックル全部がブラックブルーに(笑)
    前回は確か全部シャッドカラーって日があった気が..(笑笑)
     
    でもねバスの反応を見ていると明らかに黒への反応が良かったんやもん。
    昨日の雨の影響で白っぽく濁ってた水にはブラックがハッキリとしたシルエットで良かったんだなと。
     
    そして、ルアーの説明をすると、手前のABポッパーはオープンエリアで。そして真ん中のおちょぼ口のスゥイークイックは
    葦の隙間や、ややこしい所の奥へ掘り込みスイ〜スイ〜と切れ込むようなターンでリアクション狙い。
    そして奥のギルトップは徐々に生え出して来た菱などのベジテーションに絡めてギルを演出。
     
    そーするとほらポンポンと2本も出たもんやからご機嫌さんで..(笑) 
      
     
    完全にアフターから回復に向かっている個体だと思いますが、絞り込んでコレしかない!ってパターンで釣れたので
    自分的には、この2本は最高の出来だったなと。だって画像でも分かる通り眩しい位のドピーカンなんやもん。
    してやったりやし、出てくれたバスちゃんにも感謝ですわ (^ ^ )v
     
    そして明日のガイドも釣れますように。
     
      

     

     

    コメント
    コメントする